アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

postheadericon 原因について

乳がん予防啓発

がんが発生する原因としては、生活習慣の乱れや遺伝的なもの等があります。
一つ目の生活習慣の乱れの具体的な例として、喫煙や過度の飲酒、塩分の摂り過ぎ等があります。中でも喫煙は肺がんの原因として代表的なものです。
二つ目の遺伝的なものについてですが、がんは偶発的に出来るものであって、遺伝子は関係ないと考えられています。
しかし、遺伝的要素を持っているがん症候群は存在します。この代表的なものに乳がんがあります。

治療方法について
がんの治療方法には様々なものがあります。
代表的なものとして、外科手術や放射線療法等が挙げられます。外科手術とは、がんになっている患部を外科的に切除する事を言います。

放射線療法とは、がんになっている患部に放射線を照射する事で、がん細胞の増殖を抑えるという治療方法になります。
他にも、化学療法や免疫療法といった治療方法もあります。
そして、これらの治療方法を患部の状態等に合わせて行ないます。
例えば肺がんでも、患部の位置の違い等によって放射線療法を用いたり、外科手術を用いたりします。

肺がんについて知る
日本人死亡原因1位であるがんは、誰にでもなるかもしれない病気です。
その中でも肺がんはトップです。
年齢別での罹患率、死亡率はともに40歳代後半から増加し、高齢になるほど高くなります。
たばこの喫煙によるリスクが大きいと言われています。
初期症状として、咳・息切れ・血痰・胸の痛みなどがあります。
肺がんは死亡率が高い病気ですが、近年の医療技術の向上などで、克服出来るレベルとなりつつあります。
肺のレントゲン検査、喀痰細胞診などの検査をして、早期発見をすることが大切となります。

大腸がんを知る
食の欧米化により増加傾向である。年間約5万人の方が大腸がんでなくなってます。
大腸がんの部位としては、直腸とS状結腸で約7割を占めています。また、塩分摂取量、飲酒との関係も指摘されています。
大腸がんはほぼ症状がありません。便潜血、内視鏡検査、直腸診などの検査を受ける事が大切です。
大腸がんの早期生存率は高く、リンパ節に転移しても生存率は70%ですが、遠隔転移すると生存率がぐっと下がってしまいます。
早期発見早期治療することで、感知することが高いがんです。

postheadericon 乳がんについて知る

抗がん剤

年間約1万人もの方がなくなっています。
壮年期の女性の方に多く35歳以上の方の死亡率が増加しています。早期発見する事が大切です。
乳がんは増加傾向であり、女性がかかりやすい1位の病気です。転移・再発しやすいため、がんの進行ステージにより5年生存率が大きく変わります。
また、若いと進行も早いため手遅れとなる事もあります。そのためにも、視触診、マンモグラフィやエコー検査などの検診を行い、早期に発見することが非常に大切となります。

日本人に多い肺がん
肺がんとは、肺・気管支・肺胞のいずれかの細胞ががんになった状態のことをいいます。
肺がんには小細胞がん(増殖が速く他の臓器に転移しやすく抗がん剤や放射線治療が基本です)と非細胞がん(大体の肺がんの場合はこちらで発生する部位などによって進行などは違い手術が基本の治療です)の2種類に分かれます。
種類によって効果が得られる治療法が異なります。
この病気の1番の原因は喫煙と深い繋がりがあると言われています。
喫煙者は非喫煙者よりも高い発症率なので定期的に健診で検査して早期発見をしたい病気の一つです。

男性に多い大腸がん
大腸がんとは、大腸で発生するがんです。
このがんが良性腫瘍からがん化した場合といきなり悪性腫瘍で発生する場合の2つのパターンがあります。
大腸がんは便に血液が混ざっているかどうかで判断することが可能であり、早期に発見できると手術可能な状態ならば根絶させることも可能な病気です。
仮に他の臓器に転移した場合も手術が可能な場合は根絶が可能です。
もしも、手術ができない個所などに発生した場合は抗がん剤や放射線治療を行なうことになります。
早期に発見することが重要な病気なので定期健診などを行ない早期発見できるようにすると根絶治療が可能なので健診を受けるようにします。

女性は避けたい乳がん
乳がんとは、女性特有の病気の一つです。
女性の中での死亡率が1番高いがんが乳がんになります。
高齢の女性に発症率が高い病気ですが若い方も発症する方はします。
乳がんは、早期発見したら治るがんの一つです。
発症している部位や範囲にもよりますが必ず全ての乳房を取り除かなくてはいけないわけではなく保存治療も行える場合も多いです。
しかし、進行が進むと難しくなる上に数年後の生存率も高くなります。
乳がんは自分でも発見できます。
胸の近くにしこりが無いかをチェックして発見したら早めの一度受診するといいです。
定期検診も行っている病院が多いので活用して女性にとっては早期発見をしたいがんの一つです。